越谷・吉川・草加の個別&集団指導学習塾

コース・システムのご案内

小学生英語

英語は日本語と同じくらい必要な時代が来た!

小学生英語 写真

2020年には待望の東京オリンピックが開催されます。また、近年、数多くの外国人が就労や留学のために日本を訪れます。そして、私たち自身も気軽に海外旅行をしたり、仕事場や学校で外国人と話したりと、日常的に英語が必要になっています。そのような中で、学校教育では、使える英語を目指し、またアクティブラーニングもスタート準備に入っています。このような状況を踏まえ、小学生のうちから英語が自由に使える子ども達を育成するべく、小学生のための英語コースをこの秋よりオープンします。

伸学院エクセレントでは、
・ 家の近くにある小学生英語は通塾の安心さが何よりです。
・ 楽しいけれど、学校で学力がついていないという不安を取り除きます。
を基本にしっかりと学習します。
悩む前にまず始めましょう!

知的好奇心を刺激する

小学1〜3年生では、挨拶や自己紹介など学習した範囲で簡単に話せる練習を中心にします。CD等を使用し、ネイティブの発音を繰り返し練習するので、より正しく美しい発音に近づきます。また、歌やゲームを取り入れ、テンポ良く英語を身に付けていきます。そして、楽しいを実感するために、ハロウィーン、学期終了パーティ、クリスマスなど数多くの行事を通じて、外国の文化も学んでいきます。はにかみながらも、ニコニコ話したり、英文を読んだりしている姿はかっこいいですね。

楽しく実用的な英語を身に付ける!

小学4〜6年生になると、聞く、話す、読む、書くに対して少しずつ中学生の英語や検定資格も気になってきます。高学年では、〈リスニング〉〈スピーキング〉〈リーディングとフォニックス〉〈ライティング〉に加え、〈ヘボン式ローマ字〉で中学校以降の英語でのローマ字の表記の学習をとり取り入れます。また、希望者は越谷弥十郎校にて、〈英検〉の受験が可能です。学んだ英語を活かしたい!使いたい!チャレンジしたい!という生徒のために〈外国での実践教室〉を希望者に対して実施しています。実際に学んだ英語を使って、自信をつけたり、もっと学びたいと刺激を受けたりと貴重な経験ができます。

 

〈リスニング〉…聞き取れるとすごく嬉しい!
CDを繰り返し聞いて紛らわしい音を自分の耳ではっきりと聞き分ける力を養います。何度も美しく正しい音を聞くことで、聞き取れる力が無理なく、自然に身に付いていきます。

 

〈スピーキング〉…自分の気持ちが通じるってすごい!
少しくらい間違っても気にしない!自分の意見がはっきり言えるように、小学校のうちから練習をします。短い文でも英語で意見が言えるということは、頭の中で英作文を無意識にしているのです。中学校、高校に進学してギャップを感じないように学習していく…楽な方がいいですね。

 

〈ライティング〉…書けるから中学校に進学しても英語力が伸びる!
「聞こえて話せるけれど、文字には弱い」という声を多く耳にします。一つ一つの単語をしっかり覚えるのは漢字の学習と同じことです。自分の思いや現状などをメールを使って遠く離れた人に送るのは今や当たり前になっています。
日本語だけの分ではなく、ほぼ同レベルで英語の文も書けることを目指します。海外でも活躍できる子どもになってほしいという願いで私たちは教えています。

 

〈リーディング〉…読み方の見当がつくから安心!
まず、リスニングで、ネイティブのCDを用いて繰り返し正しい発音の短文を聞くことでジャパニーズイングリッシュではなく、イントネーションやアクセントに気を付けることができるようになります。そして、聞き取った英語の単語や短文を文字として読み取る練習を小学生のうちから行っていきます。中学、高校へ進むとスラスラと英語を読める子とそうでない子に分かれてしまいます。しかし、英語のセンスを磨きルールを知っていれば、見たことのある英語はもちろん、「おそらくこう読むだろう」と初めて見る英文も恐れずに読むことができます。伸学院エクセレントでは、フォニックスを取り入れて、楽しく自然に読み方が身に付く練習を小さいときから実施し、英文を読めるように学んでいきます。英文を頭の中で一旦日本語に置き換えるのではなく、演習を積み、慣れることで英語を英語として頭の中で整理できる訓練をします。小学校の間にじっくりと時間をかけて訓練した子は使える英語を身に付けることができます。

 

〈ヘボン式ローマ字〉…新聞はsinbunではなくて、shimbunだ!
伸学院エクセレントでは、小学校3年生から習っているローマ字を小学5,6年生はヘボン式のルールで書けるように学習していきます。小学校では、文部科学省が訓令式ローマ字を採用していますが、中学校以降の教育現場、駅名の表記・パスポート発行・英文などの実生活ではヘボン式で使用することが一般的です。習ったものと何か違うとモヤモヤとした気持ちを抱えながら、過ごすのではなく、語学の吸収力の大きい小学生のうちに、ヘボン式を学習することで、「できる」「わかる」を実感しながら学習していきます。

 

〈外国での実践教室〉…やっぱり話せるのはステキ!
毎年、長期の休み中に希望者に対して外国での実践教室へ参加できる仕組みになっています。学習した英語を使って、楽しいけれど、ハラハラドキドキを体験できます。行き先は韓国やマレーシアなど近くて安全な国での学習となります。もちろん、英語のスペシャリストが現地で指導します。色々な地域の人と知り合って、英語を通しての人間的触れ合いが一生の思い出になります。これがきっかけでインターナショナルスクール通学や留学の可能性も広がります。

外国での実践教室 写真その1外国での実践教室 写真その2外国での実践教室 写真その3

 

〈英検〉…小学生のうちからチャレンジ!
越谷弥十郎教室は英検準会場です。年数回、英語検定を実施します。自分の通っている塾で英検を受験できるので気軽にチャレンジできます。資格は高校入試や大学の推薦入試等にも使える場合があります。小学生のうちからチャレンジしていくのも楽しみなものです。

 

英語は楽しく学習するのが上達への近道
ハロウィーン、学期終了パーティ、クリスマスなどの行事も数多く取り入れながら、従来の英文法や英会話に片寄ることがないオールラウンドな英語教室です。子ども達にたくさんのことを学んでほしいと願い、授業構成されたコースです。ぜひ、今から私たちと一緒に可能性を広げる英語を始めましょう!

開講校

<越谷市>越谷弥十郎校  <越谷市>東越谷校  <草加市>草加松原東校  <吉川市>吉川校

ページの先頭へ戻る